しまなみサイクリング

サイクリングはちょっとのんびり

しまなみ海道でサイクリング

しまなみ海道といえばサイクリングの聖地として高い人気を誇ります。特に自転車の通行料が無料になってからは、多くの人が訪れるようになっています。

しまなみ海道の一番の魅力は、なんと言ってもその風景です。
途中にある展望台に出れば、瀬戸内海を一望できますし、来島海峡第1、第2大橋からは渦潮を見ることができます。

また途中の島で降りて地元の食事を楽しんだり、温泉に浸かって一休みしたりということも可能です。こんなバラエティにとんだ体験ができるのも、しまなみ海道サイクリングならではですね。

しまなみ海道を自転車で巡るモデルコースとして人気が高いのが、今治から尾道への70キロのコースです。このコースではただサイクリングを楽しむというだけでなく、採れたての海の幸や潮流体験をすることができます。

特に海の幸はどの島で味わっても格別ですから、それぞれのプランに合わせて選ぶことができるというのも人気の理由のひとつです。

●自分のペースを守る、スケジュールは余裕を持って

ただ、しまなみ海道の人気モデルコースはあまり知られていませんが、とてもアップダウンのきついコースです。高低差100メートルを一気に上ったり下ったり、その他にも40メートル前後の高低差のあるところが数か所あります。

所要時間もベテランのサイクリストで4、5時間、サイクリング初心者ですと8時間前後かかるといわれています。

また、訪れる人が増えるにしたがって、事故も増えてきています。
橋上でも速度制限の無い所がありますし、途中の島内のサイクリングロードは幅も狭く、一部歩道との兼用の場所があったりします。

その為、スピードを出しすぎたり、車道にはみ出したりして、危険な場面も多く目撃されています。サイクリングを楽しむ為には事前に自転車保険への加入がおすすめです。しまなみ海道を楽しむ際は、自分の経験、体力に合わせて途中で宿泊を入れるなどして、ちょっとのんびりスケジュールで楽しむことが大切です。